#トニカクワロトケ。

人生一度きり。どの瞬間切り取っても笑える人生のために日々、チャレンジ!

「鎬(しのぎ)を削る」って意味知ってる?刀に関する諺って一杯あんねんね。

f:id:fun9cy:20170904171819p:plain

 

リーグ優勝に向けて各チームが鎬を削っている

 なんて言うふうに、

 

バチバチにやりあってる様を表す

鎬を削る

 

なんとなく意味は理解してるけど、

そもそも、「鎬」って何?ってことで、

 

調べてみた。

 

 

鎬とは

1 刀剣で、刃と峰との間に刀身を貫いて走る稜線。鎬筋。

2 部材の上端の中央を残し両側を低く削って、刀の背峰のようにした形。

「鎬」の画像検索結果

しのぎ【鎬】の意味 - goo国語辞書

 

武士が刀で戦うとき両者が接近して、刀と刀が押し合う状態になると
双方の鎬と鎬がぶつかって、互いの鎬の部分を削り落とそうとします。
剣術の世界の言葉でしたが、後に、一般の人でも、互いが押し合うような接戦を「しのぎを削る」と言うようになりましたとさ。

 

鎬なんて漢字、見たこともなかった。

語源やルーツっておもろいんよな。

 

日本刀からくることわざって結構あって、

 

・きゅうばしのぎ(急場凌ぎ)

一時の間に合わせで、なんとかその場を切り抜ける事。

・押取り刀(おっとりがたな)
急な事で刀を腰に差す間もなく、手にとること。
大急ぎのこと。「~で駆けつける」の様に使います。

・切羽つまる
このことから身動き出来ないほど追いつめられた事を言います。

・鍔ぜり合い(つばぜりあい)
互いに打ち込んだ刀を鍔で受けとめたまま、一歩も譲らず押し合う事から、
力の拮抗した激戦の事を言います。

・反りが合わない(そりがあわない)
相性が合わない事を言います。

・もとの鞘に収まる

刀は他の鞘になかなか入らないのですが、もとの鞘にはスンナリ入ります。
この事から、仲違いした者どうしが元通りいっしょになる事を言います。

・鞘当て
昔、武士同士がすれ違ったとき、お互いの鞘がぶつかったと言い合って
喧嘩となることがありました。
この事から些細なことで喧嘩をうることを言います。

・焼きを入れる
刀は刃を付けるため火に入れて、焼き刃を付けます。
これをしないと刀の形をした鉄の棒です。
この事から「気合いを入れる」事を言います。

・付け焼き刃
刃の無くなった刀や鈍刀に、焼き刃だけを付け足したことから
間に合わせに習い覚える事を言います。

・伝家の宝刀
家宝として代々伝わってきた名刀と言う事から、ふだんは使わないが
いよいよと言う時に出してくる、とっておきの物、手段の事を言います。

・折り紙つき
昔、刀の鑑定をおこなっていた本阿弥家が正真のものに発行した鑑定書のことで、
この事から間違えの無い物、人物のことを言います。

・目貫通り
目貫は刀の柄、真ん中近くの一番目立つ所にある金具で、
この事から町で一番にぎやかな通りの事を言います。

・ふところがたな『懐刀』
刀とは別に懐に入れてある最終護身用短刀で、
この事から、秘密の計画などに参画する側近のことを言います。

・ぬきうち『抜き打ち』
刀を抜いたとたんに切りつける事で、
この事からまえぶれも無く、いきなりなにかをする事を言います。「~検査」

・たんとうちょくにゅう『単刀直入』
単刀、一振りの刀(一人)で敵陣に切り込む事、
この事から前置きなど無く、直接本題に入ることを言います。

詳しくは→刀の諺(ことわざ)

 

そんなこんなで、皆さん、実は、意味も知らずに言葉ってたくさんあるんで、

是非、意味を知った上で、言葉に重みを持って発言していきましょー

 

 

最後に、素敵な日本語をご鑑賞くださいませ。


日本語は素晴らしい、有色人種で唯一の先進国になった要因ここにあり